スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
十五夜 月見 中秋の名月 芸能人ニュース雑学
十五夜 月見 中秋の名月 芸能人ニュース雑学

月見(つきみ)とは、満月など月を眺めて楽しむこと。観月(かんげつ)とも言う。

【十五夜 月見 中秋の名月】…狭義には、太陰太陽暦(旧暦)の8月15日(十五夜)と9月13日(十三夜)の夜の月見を指す。旧暦の8月15日を「中秋」と呼ぶため中秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ、ちゅうじゅう)ともいう。


また、旧暦8月は、秋(7月から9月)のちょうど中頃なので「仲秋」と呼ぶ、そのため仲秋の名月と表記する場合もあるが、「中秋」は旧暦8月15日をさし、「仲秋」は秋を三つに区分したときの真ん中の期間をさす言葉であるので、「中秋の名月」が正しい表記です。

十五夜 月見 中秋の名月古来より旧暦8月(グレゴリオ暦(新暦)では9月ごろ)は、空気が乾燥して月が鮮やかに見え、かつ、湿度も低く夜でもそれほど寒くないため、観月に最も良い時節とされていました。この夜は、月が見える場所などに祭壇を作り薄(すすき)を飾って月見団子・里芋・枝豆・栗などを盛り、御酒を供えて月を眺めた(お月見料理)、豊作を祈る満月法会など。このことから芋名月とも言うんです。

十五夜 月見 中秋の名月は、中国でも同様の習慣があり、月餅を作ってお供えするんです。日本に伝わって、月見団子に変ったという。韓国でも、この時期、月見の習慣があり、チュソク(秋夕)といい、勤めも休みになり、郷里で親族と共に祝うお正月、お盆に次ぐお祭りになっていますよ。ソンピョン(松餅)というお菓子をつくるんです。

十五夜 月見 中秋の名月の料理は、ゆでた蕎麦・うどんを丼に入れ、場合によって群雲(むらくも)に見立てた海苔を敷いてから、生卵を割り入れて、汁と薬味を添えたものを「月見うどん」、「月見そば」と呼びますね。月見の風情をどんぶりの中に見立てたものなんです☆
本来、月見に海苔は必須であり、海苔なしの場合は「玉(ぎょく)」といったが(「玉(ぎょく)落とし」「玉(ぎょく)入り」「玉(ぎょく)落ち」等)、しかし現代では海苔なしでも卵さえ入っていれば月見といってしまうことも多いそうですよ~^^;

【芸能人ニュース雑学局TOPへ】
スポンサーサイト

テーマ:コレ知ってる? - ジャンル:ライフ

【2007/09/25 12:48】 | 雑学
芸能人ニュース雑学局


芸能人ニュース雑学局では芸能人、芸能ニュース、有名人、雑学、話題人気情報等をご紹介。芸能人ニュース雑学局情報で芸能人ニュース雑学王に♪

RSS♪お気に入り追加

Add to Google

My Yahoo!に追加

【人気blogランキングへ】

カスタム検索

最近の記事

カテゴリー

お役立ちリンク♪

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。